生命保険・AIU損害保険取り扱い「フロントライン」。年代別の生命保険の選び方です。

TEL 072-268-8688 FAX 072-268-8680

HOME > 生命保険を年代別に選ぶ

生命保険を年代別に選ぶ

加入する年代によって、保険をかける目的や保障内容、金額は違います。お客様の年齢にあった保険選びをしましょう。  こちらでは、年代別の加入ポイントをまとめておりますので、ぜひ参考にしてください。 気になること、ご不明な点などございましたら、フロントラインまでお気軽にお問い合わせください。

 

20代の生命保険

20代の生命保険
独身なら医療保障を重視しましょう。

就職してまもなく生命保険に加入する方も多いと思います。その時、すすめられるままに加入するのではなく、まず保障に関する基本知識を身につけ、よく検討してから加入することが大切です。


20代の保険加入のポイント

  1. 20代で独身の場合は、一般に死亡保障の必要性は低いので、医療保障を充実させましょう。
    ただし、貯蓄性のある商品なら、保険料が安いうちに保障を確保するのもよいでしょう。
  2. 近い将来結婚の予定がある人の場合は、保険料が安いうちに生涯に渡る保障のベースを確保するのもよいでしょう。
  3. 既に結婚して子どもがいる場合は、死亡保障・医療保障が、いつまでどの程度必要かを見積もって加入しましょう。
 

30代の生命保険

30代の生命保険
保障は状況に応じて見直しましょう。

一家の家計を支える世帯主は、万一に備えて遺族保障と医療保障に加入しておきましょう。
家事専業の配偶者のための保障は終身保険、子どもが誕生したら定期保険でカバー。
共働きの夫婦や独身の人は、医療保障を重視しましょう。


 

40代の生命保険

40代の生命保険
保障設計を随時見直すことが大切。

保険の更新時期を迎えたら、内容を詳細に検討しましょう。
解約するよりも、状況や目的に合わせて保障内容を改良します。
引き続き、万一に備えての遺族保障と医療保険を充実させることも大切です。


 

50代の生命保険

50代の生命保険
健康が不安になってくる年代、医療保障の充実を。

終身保険の医療特約は80歳までが一般的です。
医療保険の充実を考えるなら、単独の医療保険への加入を検討しましょう。

医療保険には「更新タイプ」「80歳満期などのタイプ」「終身タイプ」などがあります。
いつまで、どのくらいの保障が必要なのかを考えて選びましょう。


医療保険の更新タイプ

加入時の保険料は比較的安いという点がメリット。しかし、保険料負担が続き、更新のたびに保険料が上がるなどのデメリットがあります。

医療保険の終身タイプ

一生涯の医療保障を受けられるのがメリット。しかし、加入時点での保険料が高いというデメリットがあります。

 

60代の生命保険

60代の生命保険
60代の医療保障は保険でカバーするのが一般的。

死亡保障より医療保障を重視しましょう。
60代の医療保障を考える場合、いままで加入していた定期保険や終身保険に付加している医療特約部分を継続してカバーするのが一般的です。医療保障を充実させる場合は、単独の医療保険へ加入します。       加入年齢は65歳〜70歳まで扱うものもあり問題ありませんが、保険料は、 それなりに高くなります。


生命保険の種類

定期保険・終身保険・養老保険

個人年金保険の種類

確定年金・終身年金(保障期間付)・有期年金(保障期間付)

お気軽にお問い合わせください TEL 072-268-8688 FAX 072-268-8680
資料請求・お問い合わせ
有限会社フロントライン
〒592-8348 大阪府堺市西区浜寺諏訪森町中1丁112


Front Line HOME 会社概要 よくあるご質問 プライバシーポリシー/勧誘方針 サイトマップ リンク お問い合わせ・資料請求